賃貸経営+相続対策フェスタにご来場いただきありがとうございました。

平成26年10月18日に新宿NSビルにて行われましたオーナーズ・スタイル様主催の賃貸経営+相続対策フェスタでは当事務所のブースにたくさんのご来場をいただきありがとうございました。

P1000243(1) P1000248(1) 

当事務所では、家賃滞納、立て替え等に伴う賃貸借契約の終了、原状回復請求、敷金返還請求対策、建物明け渡し、任意後見、相続、民事信託、サブリース契約の注意点等について多数ご相談を受けさせていただきました。

相談を受けてみて印象に残ったのが、民事信託制度を利用した相続対策の相談が多かったことでした。民事信託はあまり認知度は高くないのですが、自分の資産を自分の意思で血族となる二代目、三代目に渡って承継させ、相続を原因として姻族側に資産が承継されないようにすることができたり、残されるご家族の財産管理を信頼できる専門家に委ねることができます。

また、この制度は遺言や任意後見でカバーできない部分(例えば、矛盾抵触する新しい遺言の発見や、判断能力が低下してから、任意後見人の発効のための後見監督人選任までのタイムラグ)についても手当が可能です。その結果、残された家族間での遺産をめぐる紛争を事前に回避できたりするので非常に有益な制度と考えられます。一度ご検討されることをおすすめします。

不動産賃貸経営は、上記のような法律問題のほか、空室リスク対策、メンテナンス、入居者審査など様々な面で常に努力が必要で決して楽なビジネスではありません。それでも、良質な住環境を提供しようと努力するオーナーさん・大家さんには頭の下がる思いです。

今後ともオーナー様が抱えている様々なお悩みの解決の手助けになるアドバイスを行うように努めてまいります。

 

いつもありがとうございます。

この記事を読んで「自分のケースならどうなるか知りたい」という方は、相談予約フォームからお問い合わせください。