ご利用いただいた大家さんから「ありがとう」の声を頂いております

お客様の声をもっと見る

概要

入居者は入居してから3年間は滞りなく賃料を払っていた。

その後、徐々に滞納が発生するようになり、初めは2,3日程度の遅れであったが、
その遅れは1か月、2か月と長引くようになっていった。

3か月分滞納した時点で当事務所に相談があった。
大家さんは60代で人柄も良く優しい性格であったため、入居者には強く催促はできなかった。

当事務所で大家さんに代わって、入居者との交渉を開始。
入居者は当事務所からの内容証明郵便を受け取った直後、「すぐに退去しますので、家賃はそれまで待って下さい。」と申出があったので話し合いの末、合意書を取り交わし、30日で明け渡しを実現した。

滞納していた家賃は、分割払いで、退去後半年間で全額回収した。

概要

入居者は入居開始から1年間は滞りなく家賃を払っていた。
その後、理由は分からないが一切支払われなくなった。

大家さんが入居者に何度電話してもつながらないし、連絡をするよう置き手紙をしても、折り返しの連絡はなく、夕方に入居者の家の前を通った際には、部屋の明かりがついている事を確認できたので入居している様子はあった。
そこで、大家さんは連帯保証人(入居者の妻の親)に連絡して、入居者の代わりに家賃を支払うよう求めたが、「入居者とはもう他人だから。本人に請求して。」といって支払を拒まれた。

その後も大家さんは何度も催促したが家賃は支払われず、このままでは埒があかないと、12か月分滞納した時点で当事務所に相談があった。

当事務所で大家さんに代わって、入居者と連帯保証人との交渉を開始。
しかし、いずれの者とも話し合いによる解決には至らなかったので、訴訟を提起。
訴訟において、出頭した入居者と連帯保証人との間で、明け渡しと滞納家賃の分割払いの和解を成立させた。

ご相談から3か月で明け渡しを実現し、その後、滞納家賃を連帯保証人から全額回収した。

明け渡し事例をもっと見る

片桐英夫プロフィール

名称 司法書士 けやきの街法務事務所
開設 平成26年4月4日
代表 司法書士 片桐英夫
所属:埼玉司法書士会 第1478号
        簡裁訴訟代理関係業務認定番号 第1201323号
所在地 〒338-0008
埼玉県さいたま市中央区下落合5丁目10番5号  アステリVIP305号
電話番号 048-749-1026
営業時間 平日9:00~17:00(予約受付時間:9時~22時 365日受付)
[土日/祝日/夜間] 予約可能
埼玉県さいたま市 けやきの街法務事務所 外観 けやきの街法務事務所 代表司法書士 片桐(埼玉 司法書士会所属)とスタッフ

賃貸トラブルに関するセミナー講師・講演実績

    tp_smnr_im03
  • 平成27年11月6日
    • 主催:東京司法書士会中野支部
    • 開催場所:東京都中野区 [中野区商工会館]
    • 相談者:約50名
      (東京司法書士会所属の司法書士)
    • 内容:
      家賃滞納が続く入居者とどのように接触したらよいか、任意の話し合いで解決しない場合に立ち退きを求めるための建物明け渡し請求訴訟の手続方法はどのように行うかについて講義をしました。
  • tp_smnr_im04
  • 平成27年12月5日
    • 主催:埼玉司法書士会
    • 開催場所:さいたま共済会館
    • 相談者:約60名
      (埼玉司法書士会所属の司法書士)
    • 内容:
      入居者あるいは連帯保証人に対して、滞納している家賃の支払いや、立ち退きを求めるための交渉方法、交渉が成立せず、建物明け渡し請求訴訟を起こす場合の注意点について講義をしました。
  • tp_smnr_im02
  • 平成26年12月6日
    • 主催:株式会社博士.com
      (大家倶楽部不動産経営勉強会)
    • 開催場所:武蔵野市立武蔵野商工会館
    • 相談者:約30名
      (実際に不動産経営をしている大家さん、投資家)
    • 内容:
      家賃滞納問題の対処法と、対処する場合の注意点(自力救済とならないように注意すべき事)について説明しました。
セミナー講師・講演実績をもっと見る

裁判業務に関して知識・経験が豊富な
片桐司法書士は、専門家からも
よく相談を受けています。

司法書士久松伸一法務事務所 所長 久松伸一先生

茨城県猿島郡五霞町で、司法書士事務所を経営しております
久松伸一といいます。

司法書士けやきの街法務事務所の代表である片桐司法書士とは、彼が茨城司法書士会所属のときに、東日本大震災の被災者支援事業として一緒に仮設住宅の巡回相談を行いました。

一般的に司法書士は登記手続を専門としている方が多いですが、片桐司法書士は元裁判所書記官であったことから裁判業務を専門としています。裁判業務に関しては知識・経験が豊富で、司法書士をはじめ弁護士、税理士などの他の専門家からもよく相談を受けています。

片桐司法書士の得意分野である賃貸トラブル解決サポートは、家賃滞納、立ち退き問題といったトラブルについて一番の解決策を提案してくれますので、どこよりも早い解決が実現できます。

賃貸トラブルでお悩みの大家さん、オーナーさんは、
司法書士けやきの街法務事務所に相談することをおすすめいたします。

けやきの街法務事務所は、
他にはない費用対効果を踏まえた
早期の解決策を提案してくれます。

太田司法書士行政書士事務所 所長 太田亮介 先生

茨城県結城郡八千代町で、司法書士・行政書士事務所を経営しております太田亮介といいます。

司法書士けやきの街法務事務所の代表である片桐司法書士とは、簡易裁判所の代理人資格を取得するための研修で同じグループでした。

彼は、裁判実務に関して知識と経験が豊富で、その研修の頃から、私をはじめ他の司法書士からも一目置かれており、現在においては司法書士会が実施する研修の講師を数多く務めています。

司法書士けやきの街法務事務所の得意分野である賃貸トラブル解決サポートは、他にはない費用対効果を踏まえた早期の解決策を提案してくれますので、家賃滞納や立ち退き問題でお悩みの方は、まずは相談してみることをおすすめいたします。

賃貸トラブルは、解決策が必ずあります。「実家が大家」「自分も大家」の司法書士が一日も早い解決を実現します。

私の実家は大家業をしており、私の両親は、私が幼い頃から入居者の家賃滞納問題に何度も頭を悩まされていました。

例えば、

  • 電話や手紙で催促しても何の連絡もない。
  • 夕方に訪問して催促にいっても部屋の明かりがついているのに居留守を使われる。
  • 保証人と連絡がつかない。
  • 部屋の中をゴミ屋敷にしてそのまま行方不明になった。

といったことがあり、父親が入居者対応に苦労して愚痴をこぼしている姿を子供ながら辛い気持ちで見ていました。

そこで、私は物心ついたときから、ただ悩みを聞くだけではなく、問題解決に導いてあげられるような大家さんの手助けができるような人になりたいと思っていました。

その後、私は裁判所に就職し、裁判所書記官として、多くの滞納賃料請求、建物明け渡し請求の業務に携わってきました。
裁判所での仕事は、やりがいのある仕事が多く充実していましたが、私の両親と同じように苦しんでいる大家さんがたくさんいるという現実に気がつきました。

しかし、裁判所の職員である以上、中立な立場でいなければならなかったので、大家さんの助けになるアドバイスができないもどかしさを抱えるようになりました。
そこで、もっと大家さんに寄り添ってアドバイスやサポートができる司法書士として独立しました。

大家さんの数だけ、さまざまな事情があると思います。
私自身も大家業をしておりますので、入居者とのトラブルは、怖いし、不安だし、揉めたくないし、なるべく大ごとにしたくないというお気持ちは痛いほどよく分かります。

でも、絶対にあきらめないでください。
解決策が、必ずあります。
一緒に、より良い解決方法を見つけましょう。

私の経験が、トラブル解決に役立てたら
これ以上幸せなことはありません。
 

受付時間:9:00~17:00048-749-1026ご相談予約フォームはこちらかんたん!メールでのご相談予約は24時間365日受付中!!